連帯保証人が自己破産しました、どうしましょうか?

連帯保証人が自己破産しました、どうしましょうか?

連帯保証人となって
自己破産になる事例はよく聞きます。
状況としては、連帯保証人の内容も
良く分からずに
「名前を貸してくれるだけでいいから」
という一言で連帯保証人となってしまう
パターンが多いのではないかと思います。

返済能力がある場合なら
もちろん支払いは
連帯保証人が負うこととなります。

債務者が逃げる・自己破産となると
返済の責任はすべて「連帯保証人」
へと向かいます。

免責不許可事由に該当する場合には、
自己破産は認められません

返済能力がないと判断された場合には、
「自己破産」を選択することとなります。
自己破産とは「借金が免除される」制度です。

最近メディアなどでもよく耳にする
「自己破産」ですが、すべての人が免除
してもらえる訳ではありません。



連帯保証人が自己破産しました、どうしましょうか?

具体的に言えば、ギャンブルや
浪費で借金をした場合、
自己破産開始の1年以内に支払い不能
であることを隠して借金をした場合などが挙げられます。

当てはまれば絶対に免責が
認められないという訳ではないので、
連帯保証人となったことで
支払い能力を超える請求を受ける場合などは、
やはり速やかに弁護士や司法書士
専門家からアドバイスを受けるべきでしょう(*・ω・)ノ

kmfm9558kazunori at 15:33│clip!自己破算 | 連帯保証人