自己破産の費用いくらかかりますか?

借金でどうしようも無く
自己破産する場合
自己破産の費用気になります

そこで今回大体の目安書きます

参にして下さい

同時廃止事件とは、
債務者にめぼしい
財産が無い場合に
採られる手続きの方法になります。

東京地方裁判所に申し立てをした場合、
およそ3万円で、
地方裁判所の場合でも3~5万円で
自己破産の手続きを
開始することができます


自己破産の費用 ⇒ 同時破産事件の場合
申立手数料 ⇒1,500円(収入印紙代)
予納郵券 ⇒ 4,000円(東京地方裁判所の場合)
予納郵券 ⇒ 5,000~1万円(各地方裁判所の場合)
予納金 ⇒ 2万円(東京地方裁判所の場合)または
     14,170円(即日面接事件の場合)
予納金 ⇒ 1~4万円(各地方裁判所の場合)


管財人事件の予納金
については、持っている財産の
金額によって変わってくるので、
一概にこの金額ということが
できませんが、目安として
上記の金額を捉えておくと良いと思います

自己破産の費用=管財事件の場合
申立手数料 = 1,500円(収入印紙代)
予納郵券 :=14,100円(東京地方裁判所の場合)
予納郵券 = 5,000~2万円(各地方裁判所の場合)
予納金 =50~80万円(東京地方裁判所の場合)
予納金 = 20万円程度~(各地方裁判所の場合)

自己破産をする人の
8割~9割は、この同時廃止事件になります。



自己破産の費用(*・ω・)ノ

弁護士に依頼すると
20万円~80万円程度の
費用が必要になります

管財人事件の予納金
については、持っている財産の
金額によって変わってくるので、
一概にこの金額ということが
できませんが、目安として
上記の金額を捉えておくと良いと思います

報酬金 ~ 20~40万円
(免責が得られた場合に発生します)



kmfm9558kazunori at 19:55│clip!自己破算 | 借金