借金踏み倒しそんなに甘く考え無いで下さい

借金踏み倒し本当に出来るのですか?

夜逃げや借金の踏み倒しを考えている人の頭の中には
消費者金融などの商事債権の時効は5年だから、
その間督促から逃げていれば借金がチャラになる、
という考えがあるようです。

消費者金融などは債権保存をきっちりと行いますので、
そんなに甘いものではありません。


具体的には確定判決などの債務名義が取得されれば、
そこから消滅時効が起算することになり、
その場合の時効の期間は取得された日から10年間となります。

極端な例かも知れませんが、消滅時効が完成する直前に
債務名義が消費者金融によって取得されれば、
夜逃げをしてから約15年間は債務が残ることになります。

ningen

夜逃げしても居場所が特定される理由
夜逃げする人は、消費者金融などの厳しい督促から逃れたいから、
というのが大きな理由の一つだと思いますが、
意外と簡単に居場所がばれるものです。

消費者金融などは、行方不明の債務者に対しては
定期的に住民票を徴収しているからです。


借金踏み倒し簡単には出来ません

夜逃げする人は住民票を新しい住所に異動させないのが
普通ですが、どうしても住民票を異動する
必要性が出てくることがあります。

夜逃げ先で見つけた就職先で資格の取得が必要になったとか、
海外出張のためにパスポートが必要になった場合などです。

まさか夜逃げしてきたので住民票を異動できない、
勤務先に言えるはずもなく、「もう大丈夫だろう」と
住民票を異動したとたんに新しい住所に督促が来ます。

住民票が必要になるのは日常生活上いつでも起こりうることですから、
新しい住所が消費者金融などに発覚するのを恐れながら生活するよりも、
債務整理を完了させて生活をやり直したほうが得策です。

ですから借金踏み倒すなんか考えないで
借金有れば、専門家に行って解決するのが
良い方法です

kmfm9558kazunori at 16:51│clip!借金 | 借金問題